Artist Profile

irish

[ Nagasaki ]
irishphoto

irish (All)

[ Official Web ]


2001年頃からソロとしての活動開始、同時にcap-dのメンバーとしてのライブ、レコーディング活動を行う。
2002年頃からインター ネット上での音楽配信に着手。ポルトガルのネットレーベル「MiMi Records」より、EP「Killaz sleep peacefully」をリリース。NPOが運営するサーバーであるインターネットアーカイヴでレビューされ、話題になる。
2004年、cap-d活動休止後長崎に移住しソロ活動を活発化。数々のクラブイベント、野外レイヴなどにも参加しながら、巨大インタネットレーベル「test tube」より、EP Understandings (2005)、 The Pretty Album (2006)を発表、「時代を超えたメランコリックサウンド」「壊れたおもちゃのように繊細だ」と絶賛される。また、2006年には、鹿児島時代にCD- Rでリリースした作品「manufactures」を、日本のインターネットレーベル「-N」よりリイシュー。これが実験音響ニュースレター「vital weekly」を発行しているGoemのFance de Wardの目にとまり、そのフィールドレコーディングとエレクトロニックサウンドが評価される。(来日の際、本人に会いに言ってお礼を言ったりもしました。)また、北関東のヒップホップレーベル「Flamingo Generation Records」より、同レーベル主宰DUFFとのコラボレーションユニットであるIDの作品「IDEP」をリリース。その異形の音塊と重低音ラップとのせめぎ合いは、関東のヒップホップファンにも受け入れられた。Art of Vibesのメンバーなども参加した正式なアルバムリリースも控えている。「IDEP」はFlamingo Generation Recordsのオンラインショップで入手可(無料)。最新作は、日本のネットレーベル「ON-LI」からリリースされた「Destructions」。 ON-LIの諸作品を意識したオーガニックさを取り入れ、さらにメランコリックな音世界を拡大させた。
近頃は、長崎県内のクラブイベントに出没し、DJ活動も開始。そのエレクトロニカ、ロックからアニメソング、アイドル歌謡まで、ジャンルを易々と越境するマニアックな選曲のプレイスタイルに若干みんな引き気味だが、ガイジンの皆様には受けている(本人談)
不定期ではあるがウェブ上で、別名であるDJ JohnIllとしてのプレイが観れるので、特に週末はブログを要チェック!!

Latest News



Schedule



Disc

Understandings<br/>mp3

give the finger to spoiler's disk<br/>CD<br/>V.A

killaz sleep peacefully<br/>mp3

manufactures<br/>CDR

Goods

Other

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL