椿屋四重奏

Artist Profile

椿屋四重奏

[ Tokyo ]
中田裕二(Vocal&Guitar)
永田貴樹(Bass)
小寺良太(Drums)

[ Official Web ] [ MySpace ]

【2000年】
中田裕二が18歳の時、仙台で結成。

【2002年】
幾度のメンバーチェンジを経て中田、永田、小寺の三人編成に。

【2003年】
1st Mini Album『椿屋四重奏』でデビュー。アルバム全体にみなぎる初期衝動と鋭角的なサウンド、そして艶やかに非日常を歌う世界観が巷で話題を集め、その名を一躍全国に轟かす。

【2004年】
1st Full Album『深紅なる肖像』発売。他の追随を許さぬハードでドラマティックな激情サウンドをこの時点で確立させる。東京・大阪・仙台等、各地ワンマンを成功させた後は「ROCK IN JAPAN FES」はじめ全国のフェス/イベントに出演。

【2005年】
1st Single『紫陽花/螺旋階段』発売。全国各地でパワープレイを獲得した他、「ミュージックステーション」「POP JAM」他、地上波TV出演で大反響を得る。発売後、東京・九段会館でワンマン。サポートギタリストに安高拓郎を新たに迎え入れる。2nd Full Album『薔薇とダイヤモンド』発売。第一期・椿屋四重奏を総括した本作では、これまでの持ち味を存分に発揮すると共に新機軸も打ち出し、そのスケールの大きさは改めて各方面から非常に高い評価を得た。アルバム発売後、日比谷野外音楽堂ワンマンを皮切りに全国30公演のツアー「ROCK ON GENTLEMEN」を行なう。

【2006年】
安高拓郎(Gtr)、正式加入(3/31 SHIBUYA AX)。結成以来、遂に四重奏が揃う。2nd Single『幻惑』発売。四人編成としての新たなスタートを切った椿屋四重奏を世に知らしめるべく放たれた、超攻撃型ロック・ナンバー。3rd Single『トワ』発売。昨年の全国ツアーでも披露され、音源化を待ち望む声が多かった、バンド史上屈指のバラード曲。これら2枚のシングルを携え、全国ツアー「sexual beat explosion」全国18公演開催。ツアーファイナルは東京・渋谷公会堂。ヒストリーDVD『愛と幻のエンドレスゲーム』発売。結成時から現在に至る、そしてこれからの椿屋四重奏をコンプリートした2枚組。12月31日、バンド史上初の大晦日カウントダウンライブ「ナカノ・サンライズ」を東京・中野サンプラザホールにて行なう。

【2007年】
3年間のインディーズ活動を経て、ワーナーミュージック・ジャパンよりメジャー・デビュー。5月9日、メジャー1st Single『LOVER』発売。椿屋サウンドの王道ともいえる、叙情感あふれるハードなロック・ナンバー。6月、熱視線5”mad about you”、東・阪・仙にて開催。(東京:SHIBUYA-AX、大阪:BIG CAT、仙台:CLUB JUNK BOX)8月8日、2nd Single「恋わずらい」発売。かつての歌謡曲/ニュー・ミュージックにみられた艶のある歌世界が、ダイナミックなバンド・サウンドと文学的に綴られた歌詞によって表現された椿屋流ロックの進化形。10月〜11月 tour07 4 THE LOVERSを全国21公演開催。ロッキンオン誌主催「COUNTDOWN JAPAN 07/08」(12月30日幕張、31日大阪)に参戦。

【2008年】
1月23日、「紫陽花」「トワ」に続くバラード・シングル「不時着」をリリース。
さらに2月6日、前作より2年半ぶりとなるメジャー1st Album「TOKYO CITY RHAPSODY」を発売する。更に進化&深化した椿屋サウンドとポピュラリティーが見事に結実した椿屋史上最高傑作。3月19日、インディーズ時代のBEST盤「RED BEST」をUKPより発売。4月から4ヶ月に渡る、tour08 “CITY OF SILVER”(全国34公演)を開催。8月、映画”死にぞこないの青”主題歌「アンブレラ」を配信限定リリース。11月25日から7都市10公演のクラブ・サーキット、熱視線6「SECRET ROOM」を行う。12月30日、ロッキンオン主催「COUTDOWN JAPAN 08/09」@幕張に参戦。

【2009年】
09年、年明けから制作活動を精力的に行い、それと並行して、以前から構想を温めていた「歌」を中心にした中田裕二ソロプロジェクト「SONG COMPOSITE」の全国ツアーを行う。また、6月6日から名古屋E.L.L.を皮切りに全国7大都市(最終公演は7月5日の渋谷C.C.Lemonホール)ライブサーキット”熱視線7″「TUMBLING VACATION」を開催。そして8月19日、前作「TOKYO CITY RHAPSODY」から約1年6ヶ月ぶり、満を持してのMAJOR 2nd アルバム”CARNIVAL”をリリースする。9月12日からはこのアルバムを引っ提げ、大阪BIG CATを皮切りに31箇所32公演の「TOUR’09 CARNIVAL」をスタートさせる。しかし途中、中田のインフルエンザ発症により宇都宮・水戸・埼玉の3公演が2010年2月に延期となる。ツアーファイナルとなる予定だった12月20日・21日赤坂BLITZ 2デイズは両日共にソールド・アウト。

【2010年】
前年のTOUR’09「CARNIVAL」の振替3公演終了後、安高拓郎(Gtr)が脱退。
2010年12月31日、Zepp Sendaiでのカウントダウンライブ、「SENDAI SUNRISE」をもって解散。

Latest News



Schedule



Disc

マテリアル<br/>2010.11.24 Release / 3曲入 / 1,000円 / WPCL-10883<br/><br/>1. マテリアル<br/>2. ロスト・チルドレン<br/>3. マテリアル (Instrumental)

孤独のカンパネラを鳴らせ<br/>CD / 2010.8.4 / ¥2,800<br/>WARNER MUSIC JAPAN<br/><br/>01. ロンサム<br/>02. いばらのみち<br/>03. LOOK AROUND<br/>04. NIGHTLIFE<br/>05. ブランケット<br/>06. red blues<br/>07. ミス・アンダースタンド<br/>08. 流星群<br/>09. 漂流<br/>10. 思惑と罠<br/>11. ブライテスト・ダークネス

いばらのみち<br/>CD / 3曲入 / 2010.5.26 Release<br/>初回限定盤: ¥1,300 / 通常盤: ¥1,000<br/><br/>1. いばらのみち<br/>2. ミス・アンダースタンド<br/>3. いばらのみち(acoustic version)

CARNIVAL<br/>CD

RED BEST<br/>CD

TOKYO CITY RHAPSODY<br/>CD

不時着<br/>CD

恋わずらい<br/>CD

LOVER<br/>CD

愛と幻のエンドレスゲーム<br/>DVD

トワ<br/>CD

幻惑<br/>CD

薔薇とダイヤモンド<br/>CD

紫陽花/螺旋階段<br/>CD

深紅なる肖像<br/>CD

椿屋四重奏<br/>CD

Goods

Other

この投稿へのトラックバック

  1. […] 椿屋四重奏 […]

  2. […] 椿屋四重奏 […]

  3. […] 椿屋四重奏 […]

  4. […] 椿屋四重奏 […]

  5. […] 椿屋四重奏 […]

トラックバック URL