森田くみこ :: 売上は全て鹿児島の音楽の場へ。新曲「はいの降る街」リリース。


森田くみこが新曲「はいの降る街」リリース。同時にMVも公開。
この曲はデータ販売(ステッカー付き)でリリースし、売り上げは全て鹿児島の音楽の場に寄付するとのこと。

購入はこちら
HACHIWARECORD

本人からのコメントは以下に転載。

わたしは2011年に鹿児島にて、作曲して歌うということに出会い、森田くみことしてステージに立ち多くの人と出会い、生きると言うことを知りました。

ライブハウスでは学校じゃ教われないたくさんのことを教えてもらいました。

そのままの自分で生きてもいいということ。

誰かにやらされるんじゃない、自分で考えて、自分で決めて、動くこと。

ちゃんと調べて、学ぶこと。

隣に困ってるひとがいたら、手を差し伸べること。

そして、本気で怒ってくれたり、喧嘩したり、愛して、愛してくれる仲間が、本当にいること。

あれから9年。
日本各地でいろんなことが起こって。
私たちはきっと音楽を通して、ライブハウスを通して、たくさんのことを考えて想像して動いてきたはずだ。もちろんたくさんの失敗や、悔しいこと。あったよ。もっとできたよなって思うことばっかなんだけどさ。

この手は小さく儚いけれど
私のふるさとのために。
私の音楽を産んでくれた鹿児島の音楽の場に。
何かしたいと思いました。

ご賛同いただける方はご協力いただけると嬉しいです。

何卒よろしくお願いします。

森田くみこ

[ Related articles ]