2020年の5曲 vol.1|オンガクヘイヤ編

平野勲(オンガクヘイヤ)の選ぶ今年の5曲

あなたの選ぶ今年の5曲は?

その中から1曲選ぶとするなら?&その理由は?

今年も5曲選ぶのは難しかったです。

音楽業界にはあまりにも厳しい年となった2020年。
おそらくライブに行った回数は2〜3回だと思います。そんな内向的な印象の強かった音楽業界で楽曲も内にこもった音楽が多かった気がします。

その中からまずはコリーウォン。これは内向的な要素は皆無で抜群にハッピーなナンバー。フジロックのラインナップでとても楽しみにしていてこの時は開催されるものだと信じていました。懐かしい。。。

続いてはサイケデリックポーンクランベッツ。これはつい最近リリースされた楽曲だけどこんなアグレッシブで騒がしい曲をどこか求めてたんでしょうね。笑。よく聴きました。

キンギザは昨年に続いての登場。前作ともこれまたジャンルが違っていて楽曲単体と言うよりアルバム全体を通して聴くのがおすすめ。聴けば聴くほど良くなります。特に7〜8曲目あたりの踊らされる感じがとてもよろしいです。

ジャンゴジャンゴは最近の曲ではないけど一人でDJやってる時のセットリストで良く使った曲でした。最後の!!!も同じく。家でヘッドフォンしてDJやってるとまたイベントやりたくなりますね。

その中では今年の一曲に選ぶとするならばコリーウォンのゴールデンでしょうか。こんな時期だからこそ、ご機嫌なナンバーが聴きたかったし求めてたんだと思います。来年のフジロックで改めてスロットされて至福の時間と極上のプレイを生で見たいものです。ソロ名義ではなくてVulfpeckとしても見たいアーティストです。

少し早いですが今年もオンガクヘイヤを覗いてくれてありがとうございました。

例年以上に更新が滞ると思いますがまた来年ものんびりとマイペースで更新していきますので2021年もよろしくお願いします。

[ Related articles ]