2021年の5曲 vol.6|安樂新助 編

安樂新助の選ぶ今年の5曲


あなたの選ぶ今年の5曲は?

カネコアヤノ / 恋しい日々
Analogfish / U.S.O
シン・リジィ / The Boys Are Back In Town
Focus / Hocus Pocus
レッド・ツェッペリン / Heartbreaker-Live

その中から1曲選ぶとするなら?&その理由は?

カネコアヤノ / 恋しい日々

安樂新助と申します。自分的には音楽を捉える角度とかがすこし広がった2021年でした。

カネコアヤノのこの曲がたまたまYouTubeで出てきてアコギの弾きっぷりや声の鳴らしっぷりがカッコいい!となって一ヶ月くらいカネコアヤノばかりずっと聴いてました。弾き語り素晴らしいなあ。アコギが欲しくなります。バンド編成もカッコいいです。フジロックもよかった。ライブ見たい!
最近の音楽はオーバークオリティ、オーバービューティーなのが多い気がしていてどれも良いんだけど関心させられるばかりで胸を打たれないことが多くて。そんななかで、こういう野に生えてきたような音楽が僕にはすごく眩しく映りました。世の中にはもっともっといろんなカタチの美しさがあるんだとあらためておもいました

アナログフィッシュ。どの曲も甲乙つけがたい本当にカッコいいニューアルバム。
佐々木氏の歌いかたも進化したのか、またこれまでとは違う心地良さのある歌『U.S.O』。
至極、自然体のようであり、もの凄く神経を研ぎ澄まして綿密に考えられた音の集まりのようでもあってスゲーなあとおもう。
『昔より今が好き』が更新されてく、オレにとって稀有なバンドです。ラブ

外人の曲達はギターの音を聴いてます。邦楽とは違う聴きかたです。昔はまったく興味なかったこういうロックのジャンル?だから知らないこと多いけど。
シンリジィはプレイがシンプルでこんな音出したいギターの音です。歌も好きだなあ。ポップだ。
ジョンボーナムにちょっと興味あったくらいで一生聴きこまないと思ってたツェッペリンはやはりペイジさんのギターが最高。ここ数年、個人的にエレキギターにフォーカスするようになり今さら凄さがわかった。レスポールが欲しくなりました。

で、『Hocus Pocus』という曲はとても変態的でなんというか狂気的ともいえる妙な高揚感をおぼえる曲です笑。なんか途中シャクハチ?みたいのとか入ってくるし。ギターリフ、歌リフが頭から離れなくなりクセになります。カッコイイから是非聴いてほしい曲です。というか有名なのかな?
どのバンドもまったく情報を知らず、まだまだ掘り下げれてないのでこれから探すのが楽しみ。でも、探すの疲れるから、ふとした時にそこにある音楽のなかからでオレは充分。

去年も載せてもらったんですけど1年が早いですね
ありがとうございました。


[ Related articles ]