観光や行政と連携をとって一緒に街作りをしていきたい

少し踏み込んだ話もしたいと思っています。
先ほどすこし話に出ましたけど、個人的にぜひともやって欲しい宿泊可能なキャンプイン。今後この要望は増えてくると思います。

野間:うん、本当は2デイズするにあたってやりたかったのがキャンプイン。これは自分たちの勉強不足でもあるんだけど、やっぱり何をするにしても許可は簡単に下りないって事。観光や行政とのやりとりをもっとやっていかないといけないし、実際今までそことのやりとりが疎かになってたんだよね。
“僕らの街は、僕らで創る。” をテーマにやっている以上、そこは「キャンプできませんでした。なんでだよ。」じゃなくて、キャンプ出来るためにどうしたらいいか?市に認められて「ウォークインフェスはキャンプインしていいですよ」って言ってもらうためにも観光や行政と連携をとって一緒に街作りをしていきたいし、実際一年間事業の手伝いもやらさせてもらってる。そしてそれを実現出来るようになって、後々出来るであろう新しいフェスとかの相談役になれたらいいなと思ってる。
だから今も観光や行政とのセッションはやってます。

こんな光景、鹿児島でしか見たことない

ほかに今後のフェスでやりたいこと、改善していきたいことあれば教えて下さい。

寿山:フェス会場の近くのグラウンドでよくスポーツ大会をやってるんですけど、そういったスポーツとかとも連携が取れたらいいと思ってます。例えば体育館にもステージがあるよとか、敷地内で催し物があるとか。スポーツと音楽。これが絡めば3日、4日できるような気がします。

野間:PAとか照明とか地元に住む技術者の能力をどんどん発揮できる場所になればいいと思ってる。そして地元に住む裏方と一緒に育っていけたら、寿山の言うグラウンドも使ったような大きなフェスも出来ると思う。東京のスタッフを呼べば出来るんだけど、ウォークインフェスはそう言う事では無い気がします。

来年やりたい事でカツオ掴み取り!カツオは枕崎が有名でしょ?いけすに入れててさ、お昼に子供たちが掴み取りするわけ。で、宅配業者がスタンバってて送れるようになってるの。ブリも良いよね。ブリ丼とか。たとえば羽振りのいい人がさ、10万出して「飲み行こうぜ」みたいな感じで丸々1匹買ってさばいてみんなに大盤振る舞いみたいな “粋なやつ” 的なイベント(笑)

それって音楽全然関係ないけど、普段音楽に触れられないような「私たちが行っていいの?」て人たちがフェスに参加してバンドを見て欲しいじゃない。そういう人の方が知識がなくて純粋だし。
今年ね、娘の学校の先生を呼んだのよ。そしたらその先生が「ラップやってたバンドが良くてCD買った」って言ってたの。 MOROHA のことなんだけどそういうのって嬉しいじゃん!
あと MONOEYES のライブの時に2列目くらいに小さい子供がいたんだけど、それを見て細美さんが「危ない」ってことでその子をステージに上げて見せてあげたでしょ?細美さん「こんな光景、鹿児島でしか見たことない」って言ってくれた。
まぁその危なさに、気付かない僕らは反省点満載なんですが、、。

普通の音楽フェスとは違ったフェスというか。そこはゲストバンドが他のフェスと違う部分を感じ取れる要素だと思う。またそのステージに上げてもらった子がノリノリだったのがさらに良かった。